ハイブリを目指して 情報
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近ブログめぐりや情報めぐりをしているわけですが、

とても興味深い検証をされている方の記事を見かけたので

ここで紹介させていただきます。



REDSTONEの高橋家 様
GV粘着武道の考察の記事一覧 より



こちらの記事ではKO装備が全く無い素の状態でのKO検証を2度されております。

特に興味深かったのが、「レベル差はKOに関係する」仕様であるということ


2年前の記事ですが、最近のGvで疑問に思った事と内容が似ているので、

現在でもこの点に関しては修正等されていないと思います。

※体感なので修正が入っている等あるかもしれません



この検証を見て、Gvでの立ち回りの考え方が少し変わりました。

今までの考えでは「相手チームの機動力や耐久力への妨害」がメインだったのですが

確実に仕留められる機会を増やすための妨害(レベル差のある相手を封じる)も

KO武道の役割として大きな意味を持ちそうです。

(今までレベル差がある相手は移動消しと誰かのタゲ合わせ程度でした。)


ケースバイケースだと思いますが、現場の判断で最善の選択が出来るよう

これからも精進します。選択肢の幅を広げてくれた高橋さんに感謝!







Gvで武道を本格的にやるようになってから、

やはり妨害武道ならKO装備は必須だと考えるようになりました。

そこで、少し前にノックアウト早見表を作ったので画像を貼っておきます。


参考にさせていただいた計算機

赤石らいふ 様
ノックアウト計算機


ノックアウト早見表





個人的な目標はピエンなしの15か所ですが、

装備が全然揃っていないのでかなり先になりそうです。




それではまた!(´ω`*)ノ
スポンサーサイト
2012.11.18 Sun l 情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。